血糖値を下げる方法を把握する|健康の第一歩

黒いサプリ

糖尿病のリスク

窓

糖尿病とは

糖尿病とは、インスリンの作用が低下することで血液中のブドウ糖(血糖)が多い状態になっていることを指し余す。このブドウ糖を数値化したものが血糖値であり健康な人であれば朝食前の空腹時が70から109mg/dl程度とされ、110mg/dlを超える場合には糖尿病が疑われます。インスリンそのものはこの血糖値を調整するための物質であり、これらの働きが弱まることで血糖値が絶えず高い状態になるのが糖尿病です。ただしインスリンが正常に分泌されない原因は2つあり、1型糖尿病の場合には何らかの理由によってインスリンが分泌されないもので食事制限や運動療法だけでは改善することができません。一方で2型糖尿病は肥満や運動不足によって引き起こされるもので、食事制限や運動療法などで改善することが可能です。

改善する方法

血糖値を下げる方法としては食事制限と運動療法です。血液中のブドウ糖の役割は身体の細胞のエネルギー源であり必要なものです。このため過剰に供給しなければインスリンの働きによって血糖値は正常な値に維持されることになります。特に運動で血糖値を下げる方法としては有酸素運動で、週に3、5日ほどで30分から1時間程度でも行えば十分にその効果が出るとされます。また運動は空腹時で身体が十分に動けるようなった状態で行うのが良いとされます。一方で食事制限による血糖値を下げる方法としては、ブドウ糖のもとになる炭水化物の摂取を控えるということです。また野菜を先に食べ、またゆっくりと時間を掛けて食べることで急激な血糖値上昇を避けることができます。また薬や健康食品でも血糖値を下げる方法がありますが、これらは急激な上昇を抑えるだけであり、糖尿病の状態を根本的に改善するには食事制限と運動療法の2つを行う必要があります。