血糖値を下げる方法を把握する|健康の第一歩

婦人

血糖値を改善

栄養補助食品

動物は食事をとると血糖値が上がります。特に、砂糖やごはん、パンなどの糖質をとると血糖値が上昇しやすいです。血糖値の上がりやすさは食材によって異なり、グルコース(ブドウ糖)が最も上がりやすいです。食品では精製されているものほど上がりやすい傾向があります。脳を働かせるには糖が必要不可欠です。しかし、血糖値の急激な上昇はインスリンという血糖値を下げるホルモンを過剰に分泌させてしまいます。インスリンは細胞内へのグルコースの取り込みを促進させ血糖値を下げるほかに、脂肪を貯めこむ役目もあります。そのため、ダイエットをする際にはインスリンを過剰に分泌しないように、血糖値が上がりすぎないようにすることが大切です。

血糖値を下げる方法には、血糖値を上がりにくくする方法があります。低GI(グリセミック・インデックス)ダイエットは有効です。GIとはその食材にどれだけのグルコースが含まれているかを示し、少ないほど血糖値が上がりにくいです。他の血糖値を下げる方法には、野菜を先に食べる、腹八分目にする、良く噛んで食べることが有効です。これらはダイエットにも繋がります。他の血糖値を下げる方法として特定保健用食品の利用も有効です。糖の吸収を穏やかにする製品がありますので、賢く利用しましょう。食事以外の血糖値を下げる方法には、有酸素運動が有効です。運動をすることで血液中の糖をエネルギーとして使用するので、血糖値を下げることに繋がります。血糖値を下げることはダイエットだけでなく、糖尿病などの生活習慣病の予防につながります。無理のない範囲で続けましょう。

糖尿病を防ぐアイテム

服用

血糖値を下げる方法としては食事や運動が挙げられますが、サプリを併用することで効率良く血糖値を下げる事が出来ます。血糖値を下げるサプリはダイエットにも役立てられるもので、健康体をつくり上げる理想のアイテムです。

詳細

糖尿病のリスク

窓

糖尿病とは血糖値が高い状態が維持されるというもので、これによって身体へのさまざまな悪影響が出ます。このため血糖値は正常値に維持されることが望ましいといえます。血糖値を下げる方法としては食事制限と運動療法の2つが基本ですが、薬や健康食品でも食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

詳細

病気の原因になる

女の人

血糖値が上がると様々な病気の原因になります。血糖値を下げる方法で効果があるのがウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。軽めの運動を30分から1時間ぐらい週に3日から5日を目処に行います。炭水化物を控えるなどして食生活の改善も血糖値を下げるのに効果があります。

詳細